bloom

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大事な大事な宝物

手仕事の素晴らしさを物語る一枚の刺繍。
まだ未完成のまま。
針に通してある糸は、彼女が通したもの。
いつの日か・・・
私の手で完成しようと思って頂きましたが、このままにしておいた方がいいようにも思う。
糸が抜ける事が無いよう大事に保管してあります。

あれから2年。早いね。
6月9日は、これから先も忘れる事はない。
先日、Nちゃん(娘さん)に思い出してくれてありがとう・・・と言われたけれど
「思い出す」と言う言葉は、私たちには、ありません。
常に彼女と共に生きています。友人達も同じだと思う。
今、溢れる出る涙の理由は、分からないけど・・・
彼女は、自分の世界が出来ていてそこで落ち着いて楽しく暮らしていると思う。
きっと周りの人達に刺繍なんか教えているんじゃないかな。
それは、彼女の夢だったから。

| 生活 | 21:02 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

想ってあげる事、感じてあげる事、それがどれだけ絆を深める事なのか、なんですよね。同じ世界に居る事は叶えなくても、想ってあげられる勇気があれば、いる世界は同じになりえるんですよね。心と心。結ばれた絆は消える事がありません。
ikumiさんが溢れてくる涙を止められないのは、まだ現実を受け入れる事が出来ていないからなのかな。
でも、涙できる友であった事には間違いないのです。
涙が出るほど、恋しい友であった事には間違いないのです。
その絆は、この世界に印を残してくれた友と繋がっている大切な想いなんですよね。

| まさみ | 2010/06/10 05:24 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT